旅行Tips | ルーラの唱え方

海外、国内の旅行の準備や旅行記など

海外の方向けのコスパ抜群な日本のおみやげ


海外の方々向けの土産は、基本的に私たちも普通に使っているものの方が喜ばれるようです。逆の立場を考えてもそうだと思います。

持っていくにあたっては、飛行機等の制約も考慮して、

  • 腐らないもの。
  • 壊れにくいもの。
  • 検疫に引っかからないもの
  • 小分けされているもの
  • あまり大きくないもの

これらの条件を満たせれば、土産物のセンス以外の面では合格。

それでは何を持っていくのがいいのでしょうか?

 

お菓子類

CMなどでもおなじみで、チョコレートの本場でも評価が高いとかいうのもありますが、そもそも日本のチョコレートは全般的にかなり高い品質です。
とは言っても、向こうでも馴染みのある味だからあまりインパクトはない。
チョコレートっぽいものであれば、ポッキーなどがおすすめだと思います。海外にはこれほど高品質のチョコ掛けプレッツェルはありません。もちろん、折れないようにタオル類くるんでスーツケースが鉄則。

向こうの方が、あまり口にしないものという目線であれば、せんべいのようなものも意外と面白い反応を示します。こちらも問題は運ぶ時に壊れてしまいそうなこと。ポッキーみたいに箱に入っているのもないし。そうなると、一つ一つが小さめで壊れにくい柿の種などはかなりコスパも高く喜ばれる土産だと思います。

変わったところでは
小さなマヨネーズや醤油等の調味料関連もいい反応を示してくれることが多いです。マヨネーズは向こうにもありますが、国によっては日本のものはオークションで出るくらい人気です。もちろん、機内持ち込みはできないと思われるので、預かり荷物になると思いますが。

 

百均で調達できるアイテム。何がいいって、持ち運びのスペースも取らないし、もらっても場所を取らないこと。インテリアにもなります。でもあまりケチりすぎて割り箸とかはダメですが。

 

筆記用具

これも喜ばれます。ペン類はたくさん持っていてもいいですからね。
特にアジア圏などでは100均で数本入っているボールペンでもOKかもしれない。実際に向こうの物を使ってみるとわかりますが、日本製の品質の高さは比になりません。欧米であれば、擦れば消える魔法のインク、フリクション等も喜ばれます。ばらまき用にはちょっと高いけれど。
あとは筆ペン。
これも百均で売っているアイテム。
なんか書けと言われることもありますから、感激 move、友達 friendとか、“とめ、はね、はらい”が含まれている字を若干覚えておくといいです。
意外と龍などは画数が多くて大変そうですが、きれいに書けます。
永遠とかもいいです。What's mean?と聞かれてforeverとか、なんだかクールです。

 

酒類

世界的な日本酒ブームのようですが、好みがかなりわかれるし、保存にも気を使うのが日本酒。相手のことをよく知っていればいいですが、そうでなければ、どちらかといえば温度管理に日本酒ほど気を使わない焼酎の方がいいと思います。

 

おわりに

たとえば、日本人なら大体喜ばれる、定番の日本の地方の土産物を持って行っても、外国人にはあまり価値がわからないので、大した反応は有りません。

ここは十分認識してください。

もちろん、かつて、その地方に縁があった方に持っていくのであれば別ですが。

また、ばらまき的な土産については、普段自分が食べたり使ったりしているお気に入りの食品やアイテムが一番だと思います。

当ブログの記事、写真等のコンテンツの無断流用はお控えください。