旅行Tips | ルーラの唱え方

海外、国内の旅行の準備や旅行記など

【ANA】預ける手荷物が多ければ、プレミアムクラスがお得になるよ。


手荷物の重さは、ANAプレミアム会員なら40㎏、通常なら20㎏まで

これを超えると超過料金を払う必要があります。

また、最大でも重量は100㎏までです。

 

10㎏あたり1000~1500円かかるから、

荷物の多い場合、40㎏フルに積む場合には、プレミアム会員だと2500円から3500円は安くなります。
超過重量ごとに1~10kg、11~20kg、21~30kg、それ以上

と区切りのテーブルがあるので詳細は以下を参照のこと。

 

手荷物[国内線]|ご旅行の準備[国内線]|ANA


すべて均一料金ではなく、若干安い路線(いかに列記)がある。

何故安いのかは疑問、小型機路線の区間なので、むしろ高くなるような気もするけれど。。

  • 北海道内路線
  • 東京(羽田)⇔八丈島
  • 福岡⇔対馬、五島福江、宮崎
  • 長崎⇔対馬、壱岐、五島福江
  • 沖縄(那覇)⇔宮古、石垣
  • 宮古⇔石垣

 

荷造りのポイント

なお、預ける荷物については、重量超過時に機内持ち込みの荷物として持ち込めるように調整できるよう、エコバック等に入れて、ブリーフケースに収納しておくなど、簡単に出せる工夫をしておくといい。

たった数キロの超過で1500円支払うのももったいないですからね。

手荷物の量が心配であればラゲッジスケール等を持っていくのもあり。(でも、ぎりぎりを狙わない方が無難)

また、国内旅行であれば、洗濯物等は不要なので、最終日のホテルから自宅に送ってしまうのも有効です。

寸法については、縦、横、高さの合計が203㎝となっているけれど、一部の離島や運航人数が少ない便は飛行機自体が小さく、この容量を積み込めない場合がある。

そのため、メジャーでない路線の場合には、事前確認しておいた方が無難です。

 

したがって、スーツケースの購入にはこのあたりを気を付けて大きさを決めた方がいいです。

それと、スーツケースやバッグだけでなく、趣味や部活のスポーツ用具等もこの寸法の規定に該当するので注意、意外と盲点。

 

プレミアム会員でなくてもプレミアムクラスがある

ANAの場合、プレミアムクラスにすると料金がかなり高く(4000~9000円程度アップ)なりますが、荷物が多く40kg近くになることが想定できる場合には、このメリットが享受されます。

  • 荷物超過料金
  • 食事(premium GOZEN)
  • 飲み放題(ビール、ワイン、日本酒党、アルコール含む)
  • ゆったりシート
  • スリッパ
  • ちょっといいヘッドホン
  • 真っ先に外に出られる
  • 預けた荷物が早く出てくる

等を考慮すると、案外お得になる場合もあると思います。

↓機内食と侮れなかれ、食事は結構おいしいです。

国内線サービス ~プレミアムクラス~ |Service & Info[国内線]|ANA

 

 

当ブログの記事、写真等のコンテンツの無断流用はお控えください。