旅行Tips | ルーラの唱え方

海外、国内の旅行の準備や旅行記など

海外出張の日当。どこも控えめ、当てにするな!


海外出張ともなると日当は結構重要な活動の資金源になる。
特に不自由なことを解決できるのがお金だから、細かい出費も結構あるものである。
例えば、小腹がすいた時など、日本ではそこらの立ち食いそばでもいいし、コンビニで適当に何かを買って済ませることができるけれど、海外だと、そもそもどこに何があるかもよくわからないケースが多かったり、少しの移動でもバスやタクシー(タクシーは領収書をもらえば通ることもあるが)を使うことになったりと、おそらくはそこで暮らす人たちよりも余分にお金を使うことになる。

さらに日本にはないチップという制度にも気をつけなければならない。
チップは海外ではほぼマストのしきたりなのにもかかわらず、経費で精算できないことがほとんどであるから、これこそ、ちりも積もればと言う代物だ。

そこを若干でも補てんしてくれるのが日当であるが、おそらくドル建てで支給されることが多いのではないだろうかと思われる。
まわりに聞いてみても、だいたい$35~$50程度が相場のようだ。でも、10ドル程度と国内並みというのも聞いたこともある。その会社の業務としての海外のレア度によっても違うのだろう。

もちろん、役職や行く地域によって補正されることもあるし、渡航期間が長期間にわたり駐在という形式になると、若干下のテーブルになるようでもある。
これは各社の規定によるものなので、確認すればよいのであるが、概ねこの程度と考えておけばいいと思う。

日当の性格上、交通費や宿泊費以外に出張に伴う精神・肉体的疲労に対する慰労、諸雑費(食費等)の補填などに該当するものであるので、向こうでの生活費の補てんとして使うものであり、なるべくここから、チップやら食事やらをやりくりできれば身銭を切らずに済むことになる。


日本円にすると、1ドル120円のレートであれば、4000円~6000円程度などで、国内の日当(平均すると2000円程度とされている)と比較するとおそらく倍以上にはなり、まあまあもらえるような感覚はあるが、実際は日当成金になることはない。

むしろ相当ショートすることが多いので注意した方がよさそうです。

本当に想定しない出費が多いですよね。

当ブログの記事、写真等のコンテンツの無断流用はお控えください。