旅行Tips | ルーラの唱え方

海外、国内の旅行の準備や旅行記など

空港のラウンジを活用しよう!手持ちのカードをもう一度確認してみてね。


空港にはラウンジと呼ばれる休憩スペースがあり、ここに入室できれば、搭乗前に時間を有効に使えて非常に便利です。

このラウンジ、航空系の上位会員だけでなく、カード会社が用意しているものもあることは意外と知らない人がいる。というよりも、知っていてもスルーしている人がかなりいる。

 

ラウンジでは、以下のようなものが揃っているので、仕事をしたり、時間をつぶしたり、旅行の下調べができてかなり便利なので、活用しない手はない。

  • 新聞、雑誌等(但し、持ち出し不可)
  • ドリンク
  • 軽食
  • ソファや椅子、机
  • コンセント
  • お手洗い
  • シャワー室(おそらく国際線のみ)
  • 仮眠室(おそらく国際線のみ)
  • 喫煙室
  • 領収書の発行などをする端末(航空系ラウンジのみ)

 

ラウンジには航空会社が用意するものと、カード会社が用意しているものがあります。

 

航空会社のラウンジ

航空会社が用意しているラウンジは概ねANAとJAL。

各々のプレミアム会員が使うことができます。

飲み物(アルコール含む)が用意されており、しかも無料。

・ビールはサーバーから自動で注いでくれるタイプのおいしい生ビール。

羽田空港等の大きいところは、銘柄も一社だけでなく、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリー等、各社揃っています。

・コーヒーはエスプレッソマシン完備

ソファやいすなど席はふんだんに用意。

コンセントはそこらじゅうにあり、パソコンでの業務やメールチェック、スマホやタブレットに活用できる。

Wifiは強度が強めで、しっかりと使えるものになっている。

トイレはきれいです。(といっても空港のトイレはどこもきれいですよね)

喫煙室は使わないのでわかりませんが、羽田空港のラウンジでは、二重扉が採用されていて、扉の開閉時に煙が外に漏れない配慮がされているのがうれしい。

 

カード会社のラウンジ

カード会社が用意するラウンジは、各カード会社が共同で運営行っているケースがほとんどです。(他のケースを見たことがありません)

航空系のラウンジよりも設置されている数は多いです。

利用する条件のほとんどはゴールド会員以上のカードであること。

VISA、AMEX、Master、JCB等、たいていのカードであれば入れます。

最近だと楽天とかもありますよね。

ゴールドについては自分で持っていないと思っていても、もう一度確認してみてください。

会社に持たされた法人カードなどは、ゴールドのことが結構あり、これでOKなのです。

その他、金銭払うことでも利用可能。1080円程度です。

 

入る条件が緩い分、入室までの待ち時間がかかる場合も多いです。

(羽田の朝はいつも行列しているのを見かけます)

アルコール類は無いものの、コーヒーと軽食が取れます。

羽田空港のカードラウンジに限れば、軽食はベーグルなども用意されており、これについて言えば、航空系のラウンジよりも上を行っています。

 

ただ、どちらがいいかと言われれば、やっぱり航空系のラウンジの方がお勧めです。

つくりの広さと、トイレやコンセントの多さとかぐらいですが。

出張などでは朝からビールは飲めないですからね。

当ブログの記事、写真等のコンテンツの無断流用はお控えください。