旅行Tips | ルーラの唱え方

海外、国内の旅行の準備や旅行記など

グアムの水曜日。チャモロビレッジの夜市(ナイトマーケット)で現地の雰囲気を楽しもう


水曜日の夜はチャモロビレッジでナイトマーケットが開かれる。

寄るといっても夕方ぐらい、まだ明るいうちから始まる。

 

もともとそこにある店舗の他、食べ物や小物の屋台が出る。

これが結構な人出。

ソーセージや牛肉の串焼きの他、ご飯ものもある。

ココナッツジュースはココナツに孔をあけて、そこにストローを指して飲むのであるが、飲み終わったら1ドル出せばそれを割って、中の果肉を食べられるようにしてくれる。

ナタデココというか、イカというか、そんな食感であり、味の方に癖は無い。

味付けにと渡されたのが、しょうゆ(キッコーマン)とチューブのわさび(S&B)。。

こんなところで日本ブランドに出会うとは。

 

ここに行くのにはレンタカーを使い、早めの到着だったので駐車場に止められたが、遅い車は結構な路駐をしている模様。

おそらく、少し早く到着すると、車もまだほとんど止まっていないからちょっと様子をみようかとドライブをしたりするかもしれませんが、そこはぐっとこらえた方がいい。

油断していると、あれよあれよと駐車場がいっぱいになり路駐モードに突入するので注意。

そうなると会場からはどんどん遠くなるので、早めに車で来たら、車は駐車場に置いて、歩いて散策が得策です。あるのかどうかわからないけれど、駐車禁止も切られるかもしれないし。

ちなみに、宿泊したホテルでチャモロビレッジの駐車場の話を聞いたら、特に説明できることもないのか「テキトウニ」って一言だった。実際、それが正しそうだ。

 

マーケットの時間軸であるが、

前述のように15時ごろに到着したのであるが、その時はまだほとんど、店は開いていない。

16時頃になるとボチボチと店が開き、何かが買えるようになる。

17時を過ぎるとほとんど開店するようで、次第に行列もでき始める。

20時ぐらいまでは続きそうな勢いである。

ちなみに、私は人出が多すぎて19時前には撤収した。ところが、チャモロビレッジから出るまでがひどい渋滞で、1時間ぐらいのろのろしていた。

そのため、早めに行っても、それなりになにかはできるから、時間は余裕を持った方がいいかもしれない。

 

それともう一つ大事なこと、グアムは公共の場ではアルコールは飲んではいけないことになっている。

そのため、チャモロビレッジの夜市は日本でいう縁日のようなものだけれど、アルコールの誘惑はほぼないので、レンタカーで行っても十分楽しめる。

 

せっかくグアムに来ても、周りは日本人や韓国人などアジア人ばかりで他国に来た感じがしないというところもあるが、このチャモロビレッジはチャモロと交流でき、現地の雰囲気をしっかりと味わえるので、なかなかいいものだ。

曜日だけは間違えないように。あと、簡単でいいから英語もね!

 

 

 

 

当ブログの記事、写真等のコンテンツの無断流用はお控えください。